パチンコ用語集
初心者向け 基本編


初めてパチンコをされる初心者ための辞典です。パチンコ業界で使われている、パチンコ用語の基本編を解説しています!
━…━…━…━…━…━
パチンコ用語集では、
パチンコ業界で使われている
基本用語を解説します

━…━…━…━…━…━


【ア行】


▼アタッカー▼
絵柄が揃って大当たりになると開く、特別な玉の入り口のことです。
ここに入ると、どんどん玉がでてきます。

▼甘デジ▼
大当たり確率が1/100程度のロースペック機種のことをいいます。
確率が高い分だけ1回の大当たりで得られる出玉は少なくなっているんですよ。

▼命釘(ヘソ釘)▼
その台にとって最も重要な釘のこと。ここを見極められるようになりたい。

▼ST機▼
パチンコで全ての大当たり終了後に確変に突入し、規定回転数や確変の転落抽選に当選することで確変が終了するタイプの遊技台です。
スロットのストック機の略称として用いられることもあります。

▼大当たり▼
パチンコ台の画面で、デジタルの図柄が揃ったり、羽根モノのVゾーンに入賞するなどして、大役がかかることをいいます。
当選しますと、機種毎に設定された最高の出玉が得られますので、是非、チャレンジしてみてくださいね。
ちなみに、大当たり確率(羽根モノは対象外)とは、1回の大当たりができるまでにデジタル画面が何回転するかを表し、計算式では大当たり回数/総回転数となります。


【カ行】


▼確変(確率変動▼
指定された図柄で大当りすると、通常時よりも大当り確率が上がり、短時間で多くの出玉を獲得することができるようになります。
また、出玉を減らさずにデジタルを回転させることができるようになります。

▼景品 ▼
玉と交換できるのが景品。身近な日用品、電化製品などバラエティーに富んでいます。
イーグルでは景品の充実に力を入れていますので、パチンコをしなくても一度、見に来てくださいね。

▼ゴト▼
不正行為のこと。
またそれを行う人を「ゴト師」とも言います。犯罪行為です。


【サ行】


▼CR機 ▼
「カードリーダー機」。現金ではなく、プリペイドカードを使って玉を借りる方式の機種。
機種の左側にある「サンド」にカードを差し込んで遊戯します。
(現金機の場合はここに現金を入れて玉を借ります)

▼時短▼
「時間短縮」の略。
○回転の間、玉が減りにくいだけで大当りの確率は通常の低確率のままです。
大当り後のおまけと考えていいでしょう。

▼小デジ▼
「時間短縮」の略。
小デジタルの略。小当りの抽選結果を表示するデジタルのこと。
主に「○」「×」で表示され、当選するとスタートチャッカーの電チューが開いて入りやすくなります。

▼スタートチェッカー▼
入賞口ともいわれます。ここに玉が入ると、真中にある絵柄が回ります。
とにかくここに玉をいれるように頑張りましょう!


【タ行】


▼電チュー▼
小デジなどの抽選結果によって一定時間開くチューリップ式役物のこと。主にスタートチャッカーに用いられています。

▼等価交換▼
最初に玉を借りた時と同じ値段で換金する営業形態のことです。つまり1玉4円。


【ハ行】


▼ハイスペック▼
大当たり確率が1/400程度のスペック機種のことを一般的にはいいます。
すこし当たりが辛い分だけ確変(かくへん)割合があがっていて、大当たり確率が低い分、一度、大当たりすれば、玉を一気に増やせる瞬発力があります。

▼羽根モノ▼
パチンコの原点に近い存在の遊技台で、盤面の中央に羽根のように動く役モノがあります。
盤面の下にはスタートチャッカーがあり、そこに玉が入り、羽根が開いたときに、玉が入賞ゾーンに流れこみます。
みごとVゾーンに入賞すると、羽根の開いたり、閉じたりしながら出玉を獲得することができます。

▼Vゾーン▼
羽根物の大当り中のラウンド継続や、権利物の権利獲得に関係する入賞口のこと。

▼ぶっこみ▼
玉を打ち出す時の目安となる場所です。

▼返却ボタン▼
このボタンを押すと、台の中の残金がカードに記載されて出てきます。 カードは他の台でも使えます。(店舗によりカード・コイン等、仕様が異なります。)

▼ホール▼
パチンコ店のことをさします。


【マ行】


▼ミドルスペック▼
大当たり確率が、1/300程度のスペック機種のことを一般的にはいいます。
大当たり1回でドル箱1箱程度の出玉を得られます。

▼無制限 ▼
出玉で継続遊戯が可能な営業形態のことです。好きなときにやめることが出来ます。


【ラ行】


▼ラウンド▼
大当たりして、アタッカーが開いてから、閉じるまでの間をラウンドといいます。
1回のラウンドが終わると、アタッカーは閉じてしまいますが、次のラウンドになると、また開きます。

▼リーチ▼
麻雀用語で「あと1枚でアガリになる」状態を「立直(リーチ)」といいますが、パチンコでも、「あと一つですべての図柄が揃う状態」のことを「リーチ」といいます。
ただし現在は、図柄の変動によって、大当たりを期待させるアクション全体を「リーチ」と呼んでいますので、リーチになっても図柄が揃わないことはあります。
そんなときは、諦めずに、次のリーチを期待してくださいね。

パチンコ初心者のための辞典